VANTIQについて
ミッション
VANTIQのミッションは、人間の能力を最大限に活かす革新的な技術プラットフォームを提供し、企業のデジタルトランスフォーメーションを加速させることです。最新の技術は、世界がこれまで経験したことがない大きな変化をもたらしています。 VANTIQの製品は、高度に複雑化する情報駆動型社会への移行をアシストします。
CEO Marty Sprinzenのインタビュー
VANTIQのCEO - Marty Sprinzenが、リアルタイム・アプリケーションが、どのように
デジタルトランスフォーメーションを推進しているのか、そのビジョンを語ります。
ビデオを再生
VANTIQ経営チーム
VANTIQの経営チームは、複数の企業を急成長させた経験を活かし、今回も製品の市場投入に成功しました。チームは、市場動向からチャンスとなる課題を抽出し、技術ソリューションを開発し、高収益事業を構築してきたのです。
Marty Sprinzen, 共同創業者・CEO
Marty Sprinzenは、先見的なビジョンをもったリーダーであり実績のあるソフトウエア起業家です。彼が創業し経営した組織は、システム管理、リレーショナル・データベース、インターネット・アプリケーション開発、そして現在取り掛かっているリアルタイム・アプリケーションなど、最も革新的なソフトウエア・ソリューションを生み出してきました。Sprinzenは、VANTIQの創業者兼CEOです。VANTIQ設立前は、 Forte SoftwareのCEO兼共同創業者で、Forteはその後10億米ドル以上で買収されました。Ingresでは海外事業担当VP兼エンジニアリング担当VP、Candle Corporationで開発担当VPを歴任しました。Cooper Unionの科学・芸術学科で電気工学の学位を修得。
Paul Butterworth, 共同創業者・CTO
Paul Butterworthは、イノベーションとビジネスの成功に裏付けられた豊富なキャリアをもつ著名なテクノロジー・リーダーです。Emotiveの創業者兼CTOとして、企業向けモバイル・コンピューティングのEmotiveクラウド・プラットフォームを考案し設計しました。Oracleではアーキテクトとして活躍。AmberPointの創業者兼CTOとしてAmberPointのSOAガバナンス製品を指揮し、技術戦略を策定。Sun Microsystemsでは、優秀なエンジニアとして技術主任者を歴任。インターネット・アプリケーション開発会社のForte Softwareの創業者兼チーフ・アーキテクト。Ingresではチーフ・システム・アーキテクトを歴任。UC Irvineのコンピュータ・サイエンスの学士と大学院の学位を修得。
Miguel Nhuch, Chief Revenue Officer
Miguelは、28年のグローバル・セールスと事業開拓の経験をもっています。営業・マーケティング戦略を策定し、地域やグローバル・パートナーを構築し、急成長に貢献してきました。それらは、Ingres, Forte, Weblogic, EnCommerce, Nominum, Airspikeを含む初期のスタートアップ企業です。VANTIQ以前は、ラテンアメリカのTableau SoftwareでVPとして5年間在籍し急成長に貢献してきました。コンピュータ・サイエンス、システム工学と電気工学の学位を修得。
Blaine Mathieu, Chief Marketing and Product Officer
Blaineは、急成長するITビジネスで市場戦略やポジショニングの策定、効果的な市場参入戦略構築に豊富な経験を持ち、このノウハウを活かすべくVANTIQに入社しました。50から500人のスタートアップやGartner, Adobe, Corel, Selectica, GoodDat、最近では国際的な経営コンサルタント企業Chief Outsidersなど著名なプライベート企業や上場企業で、CMO(チーフマーケティングオフィサー)、CPO(チーフプロダクトオフィサー)や CEOとして25年以上の経験があります。カナダのAlberta and Athabasca Universityでビジネスの学士とMBAを修得。
Bill Daniher, Chief Financial Officer
Billの著名な経歴には、ベンチャーやプライベートエクイティ、公開会社における経営者の財務および業務の役割が含まれます。 Billはごく最近、10億ドル以上の投資を持つ多様な持株会社であるFirst Virtual Groupの最高財務責任者でした。 First Virtual Groupに入社する前は、AIソフトウェアプロバイダーであるC3 IoT, Inc.の財務・オペレーション担当副社長兼暫定CFOを務めていました。 C3 IoT以前は、Ziff Davis MediaやAMP Incorporatedといった、ベンチャーとプライベートエクイティの支援を受けた幾つかの企業で役員を務めていました。 ビジネススクールの前に、パールハーバーに拠点を置くUSS Queenfishで米国海軍に勤めました。 ハーバードビジネススクールMBA、ノートルダム大学でファイナンスのBBAを修得。
VANTIQ Board of Directors
Marty Sprinzen, 取締役会長・CEO
Marty Sprinzenは、先見的なビジョンをもったリーダーであり実績のあるソフトウエア起業家です。彼が創業し経営した組織は、システム管理、リレーショナル・データベース、インターネット・アプリケーション開発、そして現在取り掛かっているリアルタイム・アプリケーションなど、最も革新的なソフトウエア・ソリューションを生み出してきました。Sprinzenは、VANTIQの創業者兼CEOです。VANTIQ設立前は、 Forte SoftwareのCEO兼共同創業者で、Forteはその後10億米ドル以上で買収されました。Ingresでは海外事業担当VP兼エンジニアリング担当VP、Candle Corporationで開発担当VPを歴任しました。Cooper Unionの科学・芸術学科で電気工学の学位を修得。
Paul Butterworth, 共同創業者・取締役
Paul Butterworthは、イノベーションとビジネスの成功に裏付けられた豊富なキャリアをもつ著名なテクノロジー・リーダーです。Emotiveの創業者兼CTOとして、企業向けモバイル・コンピューティングのEmotiveクラウド・プラットフォームを考案し設計しました。Oracleではアーキテクトとして活躍。AmberPointの創業者兼CTOとしてAmberPointのSOAガバナンス製品を指揮し、技術戦略を策定。Sun Microsystemsでは、優秀なエンジニアとして技術主任者を歴任。インターネット・アプリケーション開発会社のForte Softwareの創業者兼チーフ・アーキテクト。Ingresではチーフ・システム・アーキテクトを歴任。UC Irvineのコンピュータ・サイエンスの学士と大学院の学位を修得。
丹波 廣寅, 取締役
日本デジタルイクイップメント(現HPE)、Openwave、Aicentを経て、2004年Vodafone(現ソフトバンク)に入社。コンシューマー・法人関連向け企画、プログラムマネジメント部門などを担当後、移動機の戦略・企画・開発・検証・品質管理・技術的検討を行う部門の本部長を担当。現在はIoT & AI技術本部の本部長を担当し、新規ビジネス・顧客の獲得や、新しい技術の獲得・実現、先端のビジネスモデルを実現する新規パートナーの発掘などを行っている。
Richard Jelinek, 取締役
1969年にMedicus Systems Corporation、1983年にMediflex Systems Corporationを共同設立。両社のCEOとして、1983年と1986年にそれぞれMediflexとMedicusを株式公開した。Knowledge Data SystemsおよびLifemark Corporationの取締役会長でもあるRichard Jelinekは、その他に6社の取締役を務めた。 退役軍人局、健康教育福祉省、ウェスティングハウス、General Electricを含む多くの組織のコンサルタントとして務め、自動データ処理に関するレーガン大統領タスクフォース(グレース委員会)の一部だった。 ミシガン大学で工業工学のBSE、MBA、および工業工学の博士号を修得。
VANTIQニュースフィード
東京 – July 17, 2019
ソフトバンクがVANTIQのシリーズBラウンドにリードインベスターとして出資、戦略的提携を発表
VANTIQは本日、ソフトバンク株式会社と、プラットフォームの統合、共同ソリューション開発、シリーズBラウンドのリードインベストメントという3点の戦略的提携を発表しました。
パリ・フランス – July 17, 2019
VANTIQがSilicon Innovation Awards 2019で受賞
VANTIQは、PAAS / IAASとIoTのカテゴリーでSilicon Innovation Awards 2019(SIAFR2019)を受賞しました。
東京 – July 16, 2019
2019年7月18日にSoftBank World 2019にて、VANTIQ CEO マーティ・スプリンゼンと日本代表 柳原 孝志が講演します
7月18日(木)・19日(金)に開催される「SoftBank World 2019」にて、SoftBankの展示スペース(City)にVANTIQが展示されます。また、18日(木)13:20〜14:00には、VANTIQ CEO マーティ・スプリンゼンとVANTIQ K.K.代表 柳原 孝志が講演します。
東京 – June 4, 2019
オージス総研はVANTIQと提携し、DXを加速するITソリューションの提供を開始
2019年6月4日、オージス総研はVANTIQと提携し、DXを加速するITソリューションの提供を開始します。Daigasグループで培った豊富なシステム構築・運用ノウハウと、VANTIQプラットフォームの活用により、エネルギー関連市場などへのソリューション展開が期待されます。