Event Driven Architecture(EDA)の展望
EDAの概要や活用方法、デジタル化の成功の鍵とは?
企業情報
世界中の企業がVantiqを選択し、リアルタイムでのオペレーションを実現している理由
Vantiqの創業メンバーとエグゼクティブ
数十年にわたるソフトウェア経験の集大成
サクセスストーリー
Vantiqのユーザー体験についてパートナーやお客様からの声
Vantiq事例のご紹介
概要
アプリケーションのライフサイクルを全体管理
Vantiqの主な機能のご紹介
業界別ソリューション
各種業界での利用シーン
次世代のビル管理とユーザー体験
世界最大級のエネルギー企業のリアルタイムオペレーション
見識
イベント・ドリブン・アーキテクチャのご紹介と関連資料
ウェビナー: Vantiq Back-to-Work Accelerator
Vantiqの新型コロナ対策ソリューションについてのウェビナーをご覧ください
新型コロナ対策
グローバルパートナーが開発した新型コロナ対策ソリューション
新型コロナとニューノーマルについて
テクノロジー
Vantiqの新型コロナ対策ソリューション
Vantiq本社のスマートオフィス化プロジェクト
WaterBitはVantiqで農業をデジタル化しています。 - IDCのレポート
WaterBitのスマート農業に対する取り組みをIDCが取り上げています。
パートナープログラム
Vantiqパートナーの種類とメリットのご紹介
オンライントレーニング、ディスカッション、関連資料など、Vantiqパートナー限定ポータル
Vantiqパートナー
Vantiqパートナーと取り組み
Vantiqのグローバルソリューションセンター
デジタルツインとデジタルトランスフォーメーションの未来
DX化が加速する中、企業に求められる変革とは?
リソース
DX、リアルタイム・アプリケーションに関する最新情報
EDAに関する最新情報
Vantiq関連メンバーによるウェビナー
ニュース・イベント情報
Vantiqとパートナー企業からの最新ニュース
Vantiqのイベント情報
Vantiqでのキャリア
日本語
GiConnect Case Study

次世代の感染拡大防止アプリケーション開発

GiConnectはVANTIQを使って新型コロナウィルス(COVID-19)のリアルタイム追跡アプリケーションを開発しています
GiConnectはVANTIQを使って、サーモカメラ、位置センサー、ウェアラブルデバイスなどを統合し、新型コロナウィルスのリアルタイム追跡アプリケーションの開発に成功。このシステムは、ビルと居住者の安全性を高めていくために、スマートビルディングのアプリケーションとして完全な機能を果たすよう進化をしていきます。
新型コロナウィルスのリアルタイム追跡システムを2週間足らずで構築
ピアノ店や製造工場などの店舗やビジネス環境で利用
IoTセンサーやカメラを駆使し感染リスクを低減
The
Challenge

新型コロナウィルスの感染拡大は、世界に様々な影響を与えています。店舗閉店、失業、金融危機、そして多くの人々の命を奪っています。もし初期段階で予防対策が取られていたら、被害は抑えられたくさんの命が救われていたことでしょう。感染者数の増加に対して、医療機関における人手や医療用品が不足する状況に陥りました。

社会的責任と顧客からの要請をうけ、GiConnectは、感染に気付いていない人々に警告する、感染拡大予防システムの開発に着手しました。Winwin Soft傘下のGiConnectは、IoTや人工知能、企業情報構築サービスを得意としています。

革新的な次世代のシステムを開発するのは簡単ではありません。GiConnectは、開発画面が小さいこと以外にも、リアルタイムシステムの開発における複雑さや難しさなどを懸念していました。

“この新型コロナウィルス感染拡大予防システムの鍵を握るのははVANTIQでした。VANTIQなくしてこのソリューションを実現することは極めて難しかったでしょう。”
- ゼネラルマネージャー Aaron Guo氏
The
Solution
これらの懸念事項に対処するため、GiConnectはVANTIQのリアルタイム・イベントドリブンプラットフォームを採用。それにより、下記のような特徴のあるシステムを開発できました。
分散型アプリケーション
多種多様なテクノロジーを繋ぎ合わせ、リアルタイムアクションを実行するためには、分散型アーキテクチャで開発すること必須要件でした。このシステムでは、顔認識、サーモカメラ、位置センサー、ウェアラブルデバイスなどの複数の情報を結び付け、感染拡大に関する明確でリアルタイムな情報を提供することが可能。このアプリケーションは、クラウドを必要とせず、エッジデバイスで稼働し、アクションを起こす必要がないデータは破棄されるので、プライバシーを配慮うした設計も可能です。

VANTIQの分散型アーキテクチャにより、迅速にアップデートや機能追加を行うことができます。新しいテクノロジーを適応しデプロイする際に、システムをオフラインにする必要はありません。ダウンタイムで多くの人々が感染してしまう可能性を考えると、これは極めて重要なことです。
ローコード型で直感的に開発
新型コロナウィルスの感染が拡大する前は、このようなソリューションは存在しませんでした。VANTIQは膨大なコーディングではなくローコード型の開発スタイルをとっており、このシステムもわずか2週間で構築することができました。また、ローコードであれば短時間でシステムのアップデートをすることも可能。何千行もの複雑なソースコードを見直す従来型のエンハンスではなく直感的なドラッグ&ドロップにて、容易にリアルタイムシステムを開発することができます。

アプリケーションを高速で開発し運用を通じてアップデートできるアプローチが効果的でした。GiConnectは、新型コロナウイルスを制御できるようになった後は、一般的なスマートビルディングソリューションとして応用し展開することを計画しています。ローコード開発ツールがなければ、このような将来的展開も膨大なコストがかかるものとなっていたでしょう。
コラボレーションをより柔軟に
リアルタイム・イベントアプリケーションにより可能性は広がるものの、人命に関わるケース等では、今までどおり人がミッションクリティカルな決断をする必要もあるでしょう。VANTIQはこのニーズに応えるため、人の判断が必要な時、マシンと“コラボレーション”させることで、担当者にリアルタイムに通知することが可能です。

GiConnectは、新型コロナウイルス感染の可能性が検出された時に、ビル職員と医療関係者にアラートを送るVANTIQコラボレーションツールを利用しています。人が常時監視している必要はなく、必要な時だけアクションを取るため、大幅なコストカットも期待できます。
“VANTIQのおかげで、トータルソリューションを2週間もかからずに構築することができました。”
- ゼネラルマネージャー Aaron Guo氏
The
Result
新型コロナウィルスの拡大を抑制する

病気の拡大をリアルタイムにモニタリングすることで、感染拡大のスピードを大幅に抑えることができます。新型コロナウイルスは感染力が強く、一人の感染者から多くの人々へ伝染してしまう可能性もあるのです。GiConnectのアプリケーションにより、感染拡大スピードを抑え顧客の信頼を保つことができました。

開発サイクルを短縮

新型コロナウイルスの拡大が深刻化する中、無駄にしている時間はありませんでした。VANTIQを選択することで、わずか2週間足らずで運用可能なアプリケーションを実装することができました。

ニーズの変化に対応してアプリケーションを進化させることが可能

アフターコロナにおいては、新型コロナウイルスに特化したソリューションが求められているとは限りません。VANTIQであれば、市場や顧客ニーズの変化に伴い、迅速かつ柔軟にアプリケーションを更新することが可能です。これを汎用性の高いスマートビルディング向けソリューションとして拡張させることで、顧客に対して継続的な価値提供が可能になるでしょう。

Vantiqを活用したDXに興味がありますか?
IoTやEDA、リアルタイム・アプリケーションの活用にご興味がありましたらまずはお気軽にお問い合わせください。
Vantiq
Newsfeed
September 4, 2020
弊社代表のインタビュー記事がxTECHで公開されました
東京 – July 1, 2020
ミツイワ、サービス要員の手配業務における新サービス「手配職人」の提供を開始
東京 – June 16, 2020
職場環境向け新型コロナ対策サービス「VANTIQ Accelerator」をリリース