Event Driven Architecture(EDA)の展望
EDAの概要や活用方法、デジタル化の成功の鍵とは?
企業情報
世界中の企業がVantiqを選択し、リアルタイムでのオペレーションを実現している理由
Vantiqの創業メンバーとエグゼクティブ
数十年にわたるソフトウェア経験の集大成
サクセスストーリー
Vantiqのユーザー体験についてパートナーやお客様からの声
Vantiq事例のご紹介
概要
アプリケーションのライフサイクルを全体管理
Vantiqの主な機能のご紹介
業界別ソリューション
各種業界での利用シーン
次世代のビル管理とユーザー体験
世界最大級のエネルギー企業のリアルタイムオペレーション
見識
イベント・ドリブン・アーキテクチャのご紹介と関連資料
ウェビナー: Vantiq Back-to-Work Accelerator
Vantiqの新型コロナ対策ソリューションについてのウェビナーをご覧ください
新型コロナ対策
グローバルパートナーが開発した新型コロナ対策ソリューション
新型コロナとニューノーマルについて
テクノロジー
Vantiqの新型コロナ対策ソリューション
Vantiq本社のスマートオフィス化プロジェクト
WaterBitはVantiqで農業をデジタル化しています。 - IDCのレポート
WaterBitのスマート農業に対する取り組みをIDCが取り上げています。
パートナープログラム
Vantiqパートナーの種類とメリットのご紹介
オンライントレーニング、ディスカッション、関連資料など、Vantiqパートナー限定ポータル
Vantiqパートナー
Vantiqパートナーと取り組み
Vantiqのグローバルソリューションセンター
デジタルツインとデジタルトランスフォーメーションの未来
DX化が加速する中、企業に求められる変革とは?
リソース
DX、リアルタイム・アプリケーションに関する最新情報
EDAに関する最新情報
Vantiq関連メンバーによるウェビナー
ニュース・イベント情報
Vantiqとパートナー企業からの最新ニュース
Vantiqのイベント情報
Vantiqでのキャリア
日本語
INESA Case Study

スマートシティ向け
リアルタイムソリューション

INESAはVANTIQを活用しエレベーターのリアルタイム監視システムを構築しました。
INESAは多数のエレベーターの運用監視や乗員追跡の仕組みをVANTIQで構築。これにより、ネットワーク上のビルの安全性とセキュリティの確保を実現。また、柔軟な開発プラットフォームの良さを生かし不測の事態が発生したときに素早くアプリケーションを更新できる体制を整えることができました。
6,000台以上のエレベーターをリアルタイム監視。最大25万台まで拡張可能
保険料を40%削減
エレベーターのダウンタイムを50%短縮
メーカー特有のあらゆるデータフォーマットに対応
新型コロナウイルス(COVID-19)の対策ニーズに素早く対応
エレベーターネットワークのセキュリティを改善
The
Challenge

上海のような大都市では、人口の多さと絶え間ない人の流れのため、医療をはじめとした公共サービスが限界に達してしまうことがあります。特に新型コロナウイルス のような危機的状況が発生した際に、政府・企業は国民の安全を確保するためにアクションすることが求められます。

上海市は、パンデミック、テロ、災害などの危機に素早く対応する体制作りに力を入れています。しかし、そのためには、IoTセンサーの導入、データ収集・処理システム、変化に対応する継続的なアップデートとメンテナンス等に膨大なコストがかかります。上海市で稼働するエレベーターの総数はニューヨークとロンドンを足した数より多いと言われ、政府は既に設置されたセンサー・インフラを活用することが得策であると考えました。

中国大手IT企業であるINESAは、上海で稼働する25万台以上のエレベーターをリアルタイムに監視することで建物と人々の安全を確保することに挑戦しました。これを実現するために、INESAは、最新のエレベーターに搭載された多数のセンサーから取得される毎秒何百万ものイベントを処理し、リアルタイムに対応できるプラットフォームを必要としていました。

“上海には世界で最も多くのエレベーターがあり、ニューヨークとロンドンの台数を足した数よりも多い。”
- ソーシング本部長 Xu Zhen氏
The
Solution
このプロジェクト短期間で確実に成功させるため、INESAはスマートエレベータ監視システムを開発プラットフォームにVANTIQを採用しました。VANTIQを採用した理由は、以下のような特徴を持ちあわせつつ最も速くリアルタイム・イベントドリブンアプリケーションを構築できるからです。
アジリティー
不測の事態に備えてシステム設計・開発できる柔軟性は、変化の早い現代社会において必要不可欠な要素です。瞬時にアクションを起こす必要がある事態では、従来型の開発手法では間に合いません。VANTIQのローコード開発ツールで開発されたアプリケーションであれば、膨大なコーディングは必要なくよりシンプルな形で実装されるため、運用時でのシステムの更新や機能追加を迅速に行え、管理工数も最適化することができました。
優れた拡張性
25万台以上のエレベーターをリアルタイム監視することを狙うINESAにとって、拡張性は重要な要件でした。エレベーターにはそれぞれ異なったセンサーが使われていることもあり、従来型のアプリケーションのアプローチで開発するには膨大な工数がかかります。この課題を解決するため、INESAは、VANTIQが採用する分散型アーキテクチャに関心を持ちました。大きなメリットとしては、エッジデバイス側での処理が可能な点で、これにより、エッジノード(カメラ、圧力センサー、オーディオセンサーなど)でデータを収集・分析し、定義された条件を満たす場合のみクラウド側のアプリケーションにデータ連携することが可能。 また、この分散化されたプラットフォームによって、エッジとクラウド側がそれぞれ独立してアプリケーションを実行できます。これにより、アプリケーションをより小さな単位に分割し、新機能やルールの追加をより柔軟に行えることから、拡張性を確保することができました。
リアルタイム
数百万件ものイベント数をリアルタイムで処理できることは、エレベーター監視においてはもうひとつの必須要件でした。データベースを介さなければアクションを起こせない場合、リアルタイム性は損なわれてしまうでしょう。例えば、あるエレベーターで圧力レベルが閾値をオーバーした時に、データポイントから調査して対応方針を決めるのではなく、リアルタイムに通知されれば即時にアクションを起こし不具合に対応することもできるのです。
“VANTIQのテクニカルサポートは素晴らしく、クライアントからもポジティブなフィードバックをいただいています。”
- ソーシング本部長 Xu Zhens氏
The
Result
新型コロナウイルスの対策ソリューションをスマートエレベーターのアプリケーションへ適応

新型コロナウイルスの脅威は、世界中のビジネスと人々の生活に大きなインパクトを与えています。この事態に対応するため、INESAはエレベーター内の人のマスクの着用状況と体温を検知・計測できるようアプリケーションを更新し拡散を封じ込めようとしています。 これは、VANTIQプラットフォームが提供する高い開発生産性や柔軟性をなくしては迅速に対応することは極めて難しく膨大なコストと時間を必要としていたでしょう。

ダウンタイムの短縮と保険料の削減

INESAのクライアントは、ビジネスメリットを導入直後すぐに実感。エレベーターのダウンタイムの50%短縮と保険料の40%削減を実現しました。

安全性とセキュリティの向上

エレベーターシステムの状態をリアルタイムで監視することで、機械的な故障が発生した場合や、建物内に武器を持った人などの脅威が検出された場合にリアルタイムに警告することも可能。また、人工知能や機械学習などのテクノロジーを応用し、予知保全・予防保全をより細かく行うこともできるでしょう。

Vantiqを活用したDXに興味がありますか?
IoTやEDA、リアルタイム・アプリケーションの活用にご興味がありましたらまずはお気軽にお問い合わせください。
Vantiq
Newsfeed
September 4, 2020
弊社代表のインタビュー記事がxTECHで公開されました
東京 – July 1, 2020
ミツイワ、サービス要員の手配業務における新サービス「手配職人」の提供を開始
東京 – June 16, 2020
職場環境向け新型コロナ対策サービス「VANTIQ Accelerator」をリリース