INESA Case Study

スマートシティ向け
リアルタイムソリューション

INESAはVANTIQを活用しエレベーターのリアルタイム監視システムを構築しました。
INESAは多数のエレベーターの運用監視や乗員追跡の仕組みをVANTIQで構築。これにより、ネットワーク上のビルの安全性とセキュリティの確保を実現。また、柔軟な開発プラットフォームの良さを生かし不測の事態が発生したときに素早くアプリケーションを更新できる体制を整えることができました。
6,000台以上のエレベーターをリアルタイム監視。最大25万台まで拡張可能
保険料を40%削減
エレベーターのダウンタイムを50%短縮
メーカー特有のあらゆるデータフォーマットに対応
新型コロナウイルス(COVID-19)の対策ニーズに素早く対応
エレベーターネットワークのセキュリティを改善
The
Challenge

上海のような大都市では、人口の多さと絶え間ない人の流れのため、医療をはじめとした公共サービスが限界に達してしまうことがあります。特に新型コロナウイルス のような危機的状況が発生した際に、政府・企業は国民の安全を確保するためにアクションすることが求められます。

上海市は、パンデミック、テロ、災害などの危機に素早く対応する体制作りに力を入れています。しかし、そのためには、IoTセンサーの導入、データ収集・処理システム、変化に対応する継続的なアップデートとメンテナンス等に膨大なコストがかかります。上海市で稼働するエレベーターの総数はニューヨークとロンドンを足した数より多いと言われ、政府は既に設置されたセンサー・インフラを活用することが得策であると考えました。

中国大手IT企業であるINESAは、上海で稼働する25万台以上のエレベーターをリアルタイムに監視することで建物と人々の安全を確保することに挑戦しました。これを実現するために、INESAは、最新のエレベーターに搭載された多数のセンサーから取得される毎秒何百万ものイベントを処理し、リアルタイムに対応できるプラットフォームを必要としていました。

“上海には世界で最も多くのエレベーターがあり、ニューヨークとロンドンの台数を足した数よりも多い。”
- ソーシング本部長 Xu Zhen氏
The
Solution
このプロジェクト短期間で確実に成功させるため、INESAはスマートエレベータ監視システムを開発プラットフォームにVANTIQを採用しました。VANTIQを採用した理由は、以下のような特徴を持ちあわせつつ最も速くリアルタイム・イベントドリブンアプリケーションを構築できるからです。
アジリティー
不測の事態に備えてシステム設計・開発できる柔軟性は、変化の早い現代社会において必要不可欠な要素です。瞬時にアクションを起こす必要がある事態では、従来型の開発手法では間に合いません。VANTIQのローコード開発ツールで開発されたアプリケーションであれば、膨大なコーディングは必要なくよりシンプルな形で実装されるため、運用時でのシステムの更新や機能追加を迅速に行え、管理工数も最適化することができました。
優れた拡張性
25万台以上のエレベーターをリアルタイム監視することを狙うINESAにとって、拡張性は重要な要件でした。エレベーターにはそれぞれ異なったセンサーが使われていることもあり、従来型のアプリケーションのアプローチで開発するには膨大な工数がかかります。この課題を解決するため、INESAは、VANTIQが採用する分散型アーキテクチャに関心を持ちました。大きなメリットとしては、エッジデバイス側での処理が可能な点で、これにより、エッジノード(カメラ、圧力センサー、オーディオセンサーなど)でデータを収集・分析し、定義された条件を満たす場合のみクラウド側のアプリケーションにデータ連携することが可能。 また、この分散化されたプラットフォームによって、エッジとクラウド側がそれぞれ独立してアプリケーションを実行できます。これにより、アプリケーションをより小さな単位に分割し、新機能やルールの追加をより柔軟に行えることから、拡張性を確保することができました。
リアルタイム
数百万件ものイベント数をリアルタイムで処理できることは、エレベーター監視においてはもうひとつの必須要件でした。データベースを介さなければアクションを起こせない場合、リアルタイム性は損なわれてしまうでしょう。例えば、あるエレベーターで圧力レベルが閾値をオーバーした時に、データポイントから調査して対応方針を決めるのではなく、リアルタイムに通知されれば即時にアクションを起こし不具合に対応することもできるのです。
“VANTIQのテクニカルサポートは素晴らしく、クライアントからもポジティブなフィードバックをいただいています。”
- ソーシング本部長 Xu Zhens氏
The
Result
新型コロナウイルスの対策ソリューションをスマートエレベーターのアプリケーションへ適応

新型コロナウイルスの脅威は、世界中のビジネスと人々の生活に大きなインパクトを与えています。この事態に対応するため、INESAはエレベーター内の人のマスクの着用状況と体温を検知・計測できるようアプリケーションを更新し拡散を封じ込めようとしています。 これは、VANTIQプラットフォームが提供する高い開発生産性や柔軟性をなくしては迅速に対応することは極めて難しく膨大なコストと時間を必要としていたでしょう。

ダウンタイムの短縮と保険料の削減

INESAのクライアントは、ビジネスメリットを導入直後すぐに実感。エレベーターのダウンタイムの50%短縮と保険料の40%削減を実現しました。

安全性とセキュリティの向上

エレベーターシステムの状態をリアルタイムで監視することで、機械的な故障が発生した場合や、建物内に武器を持った人などの脅威が検出された場合にリアルタイムに警告することも可能。また、人工知能や機械学習などのテクノロジーを応用し、予知保全・予防保全をより細かく行うこともできるでしょう。

Interested in a real-time application of your own?
リアルタイムアプリケーションに興味がありますか?
VANTIQニュースフィード
東京 – July 1, 2020
ミツイワ、サービス要員の手配業務における新サービス「手配職人」の提供を開始
ミツイワ株式会社は、駆けつけサービスなどに代表されるサービス要員の手配業務を最適化する、クラウド型サービス「手配職人」の提供を本日より開始します。
東京 – June 16, 2020
職場環境向け新型コロナ対策サービス「VANTIQ Accelerator」をリリース
当社は、新型コロナウイルスの感染拡大による人々の生活と経済インパクトをうけ、経済活動をスムーズに再開するための働き方を実現すべく、「VANTIQ Accelerator」をリリースしました。
米国・ワシントンDC – May 30, 2020
VANTIQ、SIIA CODiEアワードで2020年最優秀PaaSを受賞
VANTIQは年間SIIA CODiEアワードにて、2020年の最優秀PaaSに選ばれました。このCODiEアワードは、アメリカ国内、そして世界中で最も革新的なビジネステクノロジー製品を創り出す企業に授与されます。 この3年間で、VANTIQがPaaS部門の最終候補者に選ばれたのは今回で3回目、受賞は2回目となります。
東京 – April 2, 2020
オージス総研、リアルタイム・アプリケーション開発プラットフォームを提供するVANTIQへの追加出資を実施
Daigasグループの株式会社オージス総研は、VANTIQが実施する第三者割当増資の一部を引き受け、このたび追加出資を実施しました。 今回の追加出資により、VANTIQの取締役会へのオブザーバー参加と協業体制のさらなる強化が可能となり、日本国内のお客様によりご満足いただけるソリューション提供が可能になりました。