Event Driven Architecture(EDA)の展望
EDAの概要や活用方法、デジタル化の成功の鍵とは?
企業情報
世界中の企業がVantiqを選択し、リアルタイムでのオペレーションを実現している理由
Vantiqの創業メンバーとエグゼクティブ
数十年にわたるソフトウェア経験の集大成
サクセスストーリー
Vantiqのユーザー体験についてパートナーやお客様からの声
Vantiq事例のご紹介
概要
アプリケーションのライフサイクルを全体管理
Vantiqの主な機能のご紹介
業界別ソリューション
各種業界での利用シーン
次世代のビル管理とユーザー体験
世界最大級のエネルギー企業のリアルタイムオペレーション
見識
イベント・ドリブン・アーキテクチャのご紹介と関連資料
ウェビナー: Vantiq Back-to-Work Accelerator
Vantiqの新型コロナ対策ソリューションについてのウェビナーをご覧ください
新型コロナ対策
グローバルパートナーが開発した新型コロナ対策ソリューション
新型コロナとニューノーマルについて
テクノロジー
Vantiqの新型コロナ対策ソリューション
Vantiq本社のスマートオフィス化プロジェクト
WaterBitはVantiqで農業をデジタル化しています。 - IDCのレポート
WaterBitのスマート農業に対する取り組みをIDCが取り上げています。
パートナープログラム
Vantiqパートナーの種類とメリットのご紹介
オンライントレーニング、ディスカッション、関連資料など、Vantiqパートナー限定ポータル
Vantiqパートナー
Vantiqパートナーと取り組み
Vantiqのグローバルソリューションセンター
デジタルツインとデジタルトランスフォーメーションの未来
DX化が加速する中、企業に求められる変革とは?
リソース
DX、リアルタイム・アプリケーションに関する最新情報
EDAに関する最新情報
Vantiq関連メンバーによるウェビナー
ニュース・イベント情報
Vantiqとパートナー企業からの最新ニュース
Vantiqのイベント情報
Vantiqでのキャリア
日本語
WaterBit Case Study

リアルタイム農業監視

WaterBitは、VANTIQを活用してリアルタイム農業監視システムをわずか2ヶ月で構築しました。
WaterBitは次世代の水の送配・管理ソリューションを構築。約400ヘクタール規模で大量のIoTセンサーを利用できることで、大規模な農場向けに水利用の最適化ソリューションを提供可能となりました。
不具合のある設備を特定し、迅速に改修
40%もの節水
400ヘクタール規模への対応
収穫量の増加と病気発生の低減
水利用を20~30%効率化
開発期間を数ヶ月から数週間に短縮
The
Challenge

最近では、リアルタイム監視とエッジコンピューティングの技術はあらゆる産業で活用されています。ただし、最も重要な分野の一つである農業分野は遅れをみせています。

WaterBitは2015年に、スマート農業を通じて、生産者が土地の良い管理者となることを支援する」という目標をかかげました。かつてない精度で土壌水分を測定し、遠隔で水を供給するソリューションを開発。WaterBitを導入した農場では、徹底した水管理により高品質な作物かつ多収穫量を実現でき、病気の発生や浸食を抑え、管理コストの最適化が可能になります。

WaterBitは、スマートセンサーのネットワークを供給する独自システムを開発していました。しかし、新ルールの迅速な適応、複数のデータの同時追跡・処理など、柔軟性に欠けおり、変化するニーズに素早く対応できるアーキテクチャが必要不可欠であると判断しました。

"We need things up all the time in the field, plants grow 24 hours a day. We need to respond quickly and VANTIQ allows us to have real-time response."
- Bill Kounty | Director of Technical Staff
The
Solution
WaterBitは、VANTIQのリアルタイム・イベントドリブンアプリケーション開発プラットフォームを採用。特に、VANTIQの以下の特徴を生かしてアプリケーションを構築することで、これまで抱えていた課題を解決しました。
ローコード型で素早く開発
WaterBitの課題のひとつは、アジャイルかつ自由に製品のアップデートや改修を行えないことでしたVANTIQの導入前は、システムアップデート時に何時間、何日も開発作業が発生。VANTIQのローコード開発アプローチに移行することで、アップデートや新機能をより速く展開することが可能になりました。
分散型アプリケーションへの対応
農作業で利用される膨大なセンサーデバイスは、各所に分散されているため、アプリケーションの分散配布が必須要件でした。例えば、新しいファームウェアを適用する場合、現場ですべてのセンサーを個別アップデートするには、手間がかかります。これがVANTIQにより、WaterBitのオフィスにいながらボタンひとつで更新作業を行うことが可能になりました。
リアルタイムなデータ処理とアクション実行
農作物への水やりを、蓄積されたデータを分析してから行っていたのでは手遅れになることも。最大の収穫量と最高の品質を達成するため、WaterBitは、センサーから吸い上げられるストリームデータをリアルタイムに処理しアクションにつなげる必要がありました。例えば、水圧の低下を検知できないとしたら、取り返しのつかいない事態になりかねません。必要な技術またセンサーネットワークのリアルタイムモニタリングとレポートといった機能を実現するための最適なソリューションはVANTIQでした。
"VANTIQの活用によって、大量のストリームデータの中から重要なイベントのみをピックアップして検知できるようになりました。"
- Co-Founder & COO Leif Chastaine氏
The
Result

既存のソリューションの複製をVANTIQ上で行う作業はたった7日で完了。従来、数ヶ月かかっていた開発作業を考えると、開発生産性向上は明らかでした。

ユーザーは、機器や農作物の状態に関する通知を、リアルタイムに受信することが可能になり、これによりいくつかのメリットを獲得しました。

故障した機器への素早い対応

センサーデバイスのダウンタイムは、収穫量と品質への被害がありえるため、避けなければなりません。VANTIQで開発・運用されるアプリケーションであれば、どのセンサーがいつ不具合を発生しているのかリアルタイムに把握ができるため、担当者を即時に派遣してメンテナンスを行うことができました。

土壌水分をリアルタイムモニタリングし農作物の品質と収量を最適化

品種によって必要な水分量は異なります。農家が各品種に適した量を設定できることでより良い生産性の高い収穫を実現しました。

環境負荷を低減

農業では多くの水が活用されず無駄が発生しています。水の流れをスマート監視・制御することで、使用量の最適化、土壌侵食・作物の病気の抑制、省エネ利用など、私たちの環境に配慮した農業を実現しました。

Vantiqを活用したDXに興味がありますか?
IoTやEDA、リアルタイム・アプリケーションの活用にご興味がありましたらまずはお気軽にお問い合わせください。
Vantiq
Newsfeed
September 4, 2020
弊社代表のインタビュー記事がxTECHで公開されました
東京 – July 1, 2020
ミツイワ、サービス要員の手配業務における新サービス「手配職人」の提供を開始
東京 – June 16, 2020
職場環境向け新型コロナ対策サービス「VANTIQ Accelerator」をリリース