イベントドリブン・アーキテクチャ(EDA)の展望
EDAの概要や活用方法、デジタル化の成功の鍵とは?
企業情報
世界中の企業がVantiqを選択し、リアルタイムでのオペレーションを実現している理由
Vantiqの創業メンバーとエグゼクティブ
数十年にわたるソフトウェア経験の集大成
サクセスストーリー
Vantiqのユーザー体験についてパートナーやお客様からの声
Vantiq事例のご紹介
概要
アプリケーションのライフサイクルを全体管理
Vantiqの主な機能のご紹介
業界別ソリューション
各種業界での利用シーン
次世代のビル管理とユーザー体験
世界最大級のエネルギー企業のリアルタイムオペレーション
見識
イベント・ドリブン・アーキテクチャのご紹介と関連資料
ウェビナー: Vantiq Back-to-Work Accelerator
Vantiqの新型コロナ対策ソリューションについてのウェビナーをご覧ください
新型コロナ対策
グローバルパートナーが開発した新型コロナ対策ソリューション
新型コロナとニューノーマルについて
テクノロジー
Vantiqの新型コロナ対策ソリューション
Vantiq本社のスマートオフィス化プロジェクト
WaterBitはVantiqで農業をデジタル化しています。 - IDCのレポート
WaterBitのスマート農業に対する取り組みをIDCが取り上げています。
パートナープログラム
Vantiqパートナーの種類とメリットのご紹介
オンライントレーニング、ディスカッション、関連資料など、Vantiqパートナー限定ポータル
Vantiqパートナー
Vantiqパートナーと取り組み
Vantiqのグローバルソリューションセンター
デジタルツインとデジタルトランスフォーメーションの未来
DX化が加速する中、企業に求められる変革とは?
リソース
DX、リアルタイム・アプリケーションに関する最新情報
EDAに関する最新情報
Vantiq関連メンバーによるウェビナー
ニュース・イベント情報
Vantiqとパートナー企業からの最新ニュース
Vantiqのイベント情報
Vantiqでのキャリア
日本語
ニュースリリース

エッジがIoT発展の鍵となる (Paul Butterworth) ー2021年1月5日 ReadWrite掲載

IoTの大きなメリットとして、エッジコンピューティングがスポットライトを浴びつつあります。IoT(モノのインターネット)に接続されている何十億ものデバイスが毎日オンラインになっていることを考えてみてください。膨大な情報が生成されているのです。ある試算では、データ量は5年以内に79.4ゼタバイトにまで急増すると予測されています。80ゼタバイトのデータをDVDに保存したとすると、そのDVDで地球を100回以上周れる計算になります。

企業から発生するデータが、従来の集中型データセンターやクラウドではない場所で作成・処理されるようになるに連れ、エッジコンピューティングをうまく活用して、この膨大なデータを効果的に処理する必要があります。

イベントドリブン・アーキテクチャを正しく使えば、その高い効率性とセキュリティーを活かしながら、データフローを処理することができます。このシステムにより、企業は瞬時にレスポンスを受け取ることができるようになるのです。また、新しいデータを自由に利用して、よりスマートな意思決定をリアルタイムで行うことができるようになります。

残念なことに、まだ時代はそこまで追いついていません。IoTデバイスがデータをクラウドに送り返すのに、時間もコストもかかっています。エッジを活用しているデバイスはかなり少ないと言えます。代わりに、多くのデバイスがクラウドにデータを転送しています。そうすることで、最短でも約25ミリ秒のネットワーク遅延が発生しているのです。

これまで技術者は、ビッグデータを大量に収集して保存することがよいことだと考えてきました。クラウドコンピューティングのモデルが大規模データセット向きであることを考えれば当然のことかもしれません。しかし、それらすべての情報をどのように収集して保存するのでしょうか。クラウド上にすべての情報をプッシュするにはデータが多すぎます。では代わりにエッジで作業してみてはどうでしょうか?

イベントドリブン型システムのシステム構造によって、システムのどのコンポーネントをエッジで実行するかを動的に決定することができます。残りのコンポーネントは、各領域または中央処理の環境にデプロイされたままになります。この様にシステムを動的に構成することで、様々なトポロジを持つエッジ環境に最適化され実行することができます。

幾つかのコンポーネントを単発で利用しているケースもありますが、まだ体系化はされていません。これでは、組織がシステムインテグレータの役割を担う必要があります。そうではなくて、エッジやIoTの活用をもっと気軽に行える様になるべきです。

全文(英語)を読む

Vantiq
Newsfeed
サンフランシスコ – July 8, 2021
VantiqとIBMが協業し、企業ユーザに大規模なエッジ・ソリューションを提供
東京 – July 6, 2021
Vantiqが「ソフトバンク 5G コンソーシアム」に参画
サンフランシスコ・北米 – February 21, 2021
エッジがIoT発展の鍵となる (Paul Butterworth) ー2021年1月5日 ReadWrite掲載