イベントドリブン・アーキテクチャ(EDA)の展望
EDAの概要や活用方法、デジタル化の成功の鍵とは?
企業情報
世界中の企業がVantiqを選択し、リアルタイムでのオペレーションを実現している理由
Vantiqの創業メンバーとエグゼクティブ
数十年にわたるソフトウェア経験の集大成
サクセスストーリー
Vantiqのユーザー体験についてパートナーやお客様からの声
Vantiq事例のご紹介
概要
アプリケーションのライフサイクルを全体管理
Vantiqの主な機能のご紹介
業界別ソリューション
各種業界での利用シーン
次世代のビル管理とユーザー体験
世界最大級のエネルギー企業のリアルタイムオペレーション
見識
イベント・ドリブン・アーキテクチャのご紹介と関連資料
ウェビナー: Vantiq Back-to-Work Accelerator
Vantiqの新型コロナ対策ソリューションについてのウェビナーをご覧ください
新型コロナ対策
グローバルパートナーが開発した新型コロナ対策ソリューション
新型コロナとニューノーマルについて
テクノロジー
Vantiqの新型コロナ対策ソリューション
Vantiq本社のスマートオフィス化プロジェクト
WaterBitはVantiqで農業をデジタル化しています。 - IDCのレポート
WaterBitのスマート農業に対する取り組みをIDCが取り上げています。
パートナープログラム
Vantiqパートナーの種類とメリットのご紹介
オンライントレーニング、ディスカッション、関連資料など、Vantiqパートナー限定ポータル
Vantiqパートナー
Vantiqパートナーと取り組み
Vantiqのグローバルソリューションセンター
デジタルツインとデジタルトランスフォーメーションの未来
DX化が加速する中、企業に求められる変革とは?
リソース
DX、リアルタイム・アプリケーションに関する最新情報
EDAに関する最新情報
Vantiq関連メンバーによるウェビナー
ニュース・イベント情報
Vantiqとパートナー企業からの最新ニュース
Vantiqのイベント情報
Vantiqでのキャリア
日本語
Cust2Mate Case Study

ショッピングカート改革

Cust2Mateは、スマートショッピングカート技術と店舗内のセンサーを使用して、リアルタイムでインタラクティブなショッピング体験を提供します。
Cust2Mateは、顧客の状態や位置を認識し、彼らの行動や環境の変化にリアルタイムで対応できるスマートリテールのソリューションを、Vantiqを用いて構築しました。このソリューションは、非常に柔軟性、拡張性、俊敏性に優れているため、小売企業がシステムを稼働させながら拡張・改善することができ、店舗をリアルタイムで監視できるようになります。
既存のPOSシステムと簡単に統合できました
顧客1人あたり平均売上が20%増加しました
精算の待ち時間がなくなりました
予想外の状況に対応して迅速にアプリケーションを変更できます
顧客の購買傾向や行動にリアルタイムに適応します
The
Challenge

現在の小売業に対するアプローチは、高まる社会の要望に対し十分な俊敏性や拡張性がありません。COVID-19や自然災害のような世界的な出来事は、サプライチェーンを崩壊させ、店舗を混雑させ、公衆衛生を脅かし、小売業者の利益にマイナスの影響を与えることもあります。セルフレジやモバイル注文などの導入は正しい方向へのワンステップですが、よりインタラクティブで柔軟なアプローチが必要です。近い将来スマートな小売環境が必要とされますが、現在ほとんどの小売業者で利用されているテクノロジーでは、このレベルの複雑さに対応する準備ができていません。

Eコマースでは、従来型店舗からの売上が増えています。小売業者は生き残るために、競争力のあるスピードと品質で、顧客が期待するEコマースのメリット(簡単なナビゲーションや検索・フィルター機能、個別の広告、注文履歴、商品提案など)を提供しなければなりません。

Cust2Mateの創業者はイスラエル軍向けのロボットを開発した後、小売業界がこの種のソリューションに飢えていることに気がつき、スマートリテールソリューションを開発するという最初の挑戦に取り組みました。その実現には、拡張性が高く、従来よりも僅かな時間でソリューションを展開できるプラットフォームが必要でした。さらに、小売業界の様々なセグメントに効果的に拡大するためには、迅速に複製や新機能の追加ができることが必須条件でした。

"レジの列を無くし、ショッピング体験を向上させ、小売店に更なるメリットをもたらすオールインワンソリューションを提供します。"
- Amnon Peleg氏 | 共同創業者兼プロジェクトマネージャー
The
Solution
Cust2Mateは、スマートショッピングソリューションが必要とする柔軟性と機敏性を兼ね備えたVantiqのリアルタイムイベントドリブン・アプリケーション開発プラットフォームを選択しました。Vantiqプラットフォームでアプリケーションを構築すると、次のような特色を持つことが可能になります。
リアルタイム
小売業は、その瞬間の体験が全てです。従来、小売業者は過去に発生した顧客行動を分析していました。しかし、これがEコマースに遅れをとっている原因の一つです。Cust2Mateが必要としていたのは、リアルタイム・データに基づいた推測と、最も適切なタイミングで、店内を動き回っている顧客や商品とやり取りできるソリューションでした。 Cust2Mateは、顧客の購買傾向や通路での滞在時間などのデータを分析するだけでなく、リアルタイム・アプリケーションの力を使用し、顧客や従業員とリアルタイムにインテリジェントに連携するソリューションを作成しました。このソリューションを使用している企業は、事後に顧客データから推論する必要がなくなりました。
アジャイル
Cust2Mateにとっての最重要ポイントは、人間の行動に反応し、不測の事態に迅速に対応できるソリューションを構築することでした。これはパンデミックや自然災害などの危機的な状況下では特に有益となります。Vantiqのローコード開発ツールを使って、Cust2Mateはアプリケーションに変更を加え、瞬時に進化させることができるようになりました。この機能により、実店舗は彼らのオンライン部門よりも素早く対応できるようになりました。
スケーラビリティ
シームレスなショッピング体験を提供するために、Cust2Mateは、効率的に拡張できて、かつ毎秒複数のイベントがストリーミングされても滞留しないプラットフォームを必要としていました。非常事態の際など、特定のエリアにある全チェーン店舗のシステムを同時にアップデートする必要があるかもしれません。Vantiqプラットフォームで開発することにより、そのような柔軟性も確保することができるのです。

スーパーマーケットで事業を拡大した後のCust2Mateの最終的な目標は、スポーツ用品店、薬局、博物館などの他の取引環境にもソリューションを提供することです。小売業の業種によって、必要とされる要件は大きく異なります。Vantiqのシームレスなデプロイメントツールを使えば、Cust2Mateは彼らのソリューションを新しい市場に簡単に適応させデプロイさせることができます。
"Vantiqはとてもアジャイルで、実装も非常に簡単でした。私たちのプロジェクトのすべてのアドオンは、数時間から最長3日で完了しました。"
- Amnon Peleg氏 | 共同創業者兼プロジェクトマネージャー
The
Result
個人の購買傾向に基づいたインタラクティブなショッピング体験

よりインタラクティブでパーソナライズされたショッピング体験を実現することにより、スマートショッピングカード技術は、ショッピング体験に革命をもたらします。Eコマースのすべての機能(特典アカウント、購入履歴、リアルタイムの在庫状況、即時の価格管理、ショッピングリストの統合など)が、実店舗にも導入されています。

Cust2Mateを搭載した小売業者は、パーソナライズされた広告や店舗内での顧客の位置を基にした商品の提案を通じて、これまでにないほど顧客と対話することができます。顧客が買い物リストをインポートすると、システムが推奨ルートを提供します。このようなリアルタイム機能で、Eコマースでしか見られなかったメリットを提供し、顧客満足度の向上と購買の増加をもたらすことができます。

不測の事態への迅速な対応

何事にも変化は必ず訪れます。流出、セキュリティ上の脅威、盗難、買い占め、市場動向など多岐に渡る要因が小売環境に影響を及ぼします。Cust2Mateのソリューションは、新しいルールを容易に受け入れ適用し、変化に素早く対応することができます。危険が起こった際などにはスマートカートに通知が出て道案内が表示されたり、需要の急増時には瞬時に価格変更や購入制限が適応されたり、盗難の際にはセキュリティシステムが警告を出したりします。
COVID-19のような危機が発生した場合、待ち順の自動作成やソーシャル・ディスタンスを保つ仕組みを迅速にシステムに追加して感染拡大を遅らせることができます。Cust2Mateのソリューションを利用している小売業者は、変化に対してより迅速に対応することができ、顧客により良いサービスを提供することができます。

人と商品の流れの改善

店舗内を移動する顧客や商品の動きをリアルタイムにモニターすることで、サプライチェーン全体の効率を高め、環境保護に貢献することができます。Cust2Mateのソリューションが提供する店内ナビゲーションにより、店内の混雑したエリアを避けながら、顧客の買い物リストに基づいた最適のルートで簡単に買い物ができるようになります。
レジで行列に並ばずとも、顧客は買い物かごに商品を入れれば、店舗を出る時にショッピングカートで精算ができます。また、店内での顧客の位置をリアルタイムで把握することにより、従業員は顧客のニーズに迅速かつ臨機応変に対応をすることができます。

Vantiqを活用したDXに興味がありますか?
IoTやEDA、リアルタイム・アプリケーションの活用にご興味がありましたらまずはお気軽にお問い合わせください。
Vantiq
Newsfeed
サンフランシスコ・北米 – February 21, 2021
エッジがIoT発展の鍵となる (Paul Butterworth) ー2021年1月5日 ReadWrite掲載
サンフランシスコ・北米 – February 19, 2021
通信事業者と5Gの将来 (Marty Sprinzen) -2020年11月30日 Forbes掲載
東京都 – January 27, 2021
ソフトバンク本社が入居するスマートビル「東京ポートシティ竹芝」が開業、Vantiqがプラットフォームの基盤として稼働