Event Driven Architecture(EDA)の展望
EDAの概要や活用方法、デジタル化の成功の鍵とは?
企業情報
世界中の企業がVantiqを選択し、リアルタイムでのオペレーションを実現している理由
Vantiqの創業メンバーとエグゼクティブ
数十年にわたるソフトウェア経験の集大成
サクセスストーリー
Vantiqのユーザー体験についてパートナーやお客様からの声
Vantiq事例のご紹介
概要
アプリケーションのライフサイクルを全体管理
Vantiqの主な機能のご紹介
業界別ソリューション
各種業界での利用シーン
次世代のビル管理とユーザー体験
世界最大級のエネルギー企業のリアルタイムオペレーション
見識
イベント・ドリブン・アーキテクチャのご紹介と関連資料
ウェビナー: Vantiq Back-to-Work Accelerator
Vantiqの新型コロナ対策ソリューションについてのウェビナーをご覧ください
新型コロナ対策
グローバルパートナーが開発した新型コロナ対策ソリューション
新型コロナとニューノーマルについて
テクノロジー
Vantiqの新型コロナ対策ソリューション
Vantiq本社のスマートオフィス化プロジェクト
WaterBitはVantiqで農業をデジタル化しています。 - IDCのレポート
WaterBitのスマート農業に対する取り組みをIDCが取り上げています。
パートナープログラム
Vantiqパートナーの種類とメリットのご紹介
オンライントレーニング、ディスカッション、関連資料など、Vantiqパートナー限定ポータル
Vantiqパートナー
Vantiqパートナーと取り組み
Vantiqのグローバルソリューションセンター
デジタルツインとデジタルトランスフォーメーションの未来
DX化が加速する中、企業に求められる変革とは?
リソース
DX、リアルタイム・アプリケーションに関する最新情報
EDAに関する最新情報
Vantiq関連メンバーによるウェビナー
ニュース・イベント情報
Vantiqとパートナー企業からの最新ニュース
Vantiqのイベント情報
Vantiqでのキャリア
日本語
加速するDX化

成功の鍵は
リアルタイム・アプリケーション
Vantiqは、DX化の加速に伴いニーズが高まるリアルタイム・アプリケーションをローコードでアジャイルに開発できる開発・実行プラットフォームです。
確実で素早いデジタルトランスフォーメーション
かつてないスピードでリアルタイム・アプリケーションを構築する
VantiqはEDA(Event Driven Architecture)を極めた、リアルタイム・アプリケーションの開発・実行プラットフォームです。これまで開発が困難であった複雑なリアルタイム・アプリケーションを、ローコードで短期間に実現しアジャイルに拡張していくことが可能です。
“デジタルビジネスを可能にするプラットフォームは、複数のテクノロジーの組み合わせで成り立っています。ビジネスの事象を察知し、何をすべきか決定し、関係者に価値のあるレスポンスを提供する、これら全てが実装されます。”
ガートナーは、2020年のIoTハイプ・サイクルにおいて、デジタル・ビジネス・テクノロジー・プラットフォームとしてのVantiqを強調しています。
Withコロナ時代のニューノーマル
準備は出来ていますか?
Withコロナ時代を生き抜くためのデジタルトランスフォーメーション
もはやDXを目指している段階ではなく、その実行が不可欠です。革新的なビジネス戦略の実行、新しい収益源の獲得、実行環境の安全性の確保など、これらをリアルタイム・アプリケーションで実現できるのはVANTIQだけです。現在の課題、将来の課題、全てに対応できます。
IoTを使いこなす
IoTを活用するアプリケーションが重要
IoTセンサーが普及し発生したデータも溜まっていますが、これらを最大限に生かすアプリケーションが実装できていません。VantiqではIoTの価値を最大化するリアルタイム・アプリケーションをAll-in-One型に開発できるプラットフォームとして提供しており、例えばスマートビルやスマートシティ等、リアルタイム性が求められる仕組みの実現に利用されています。
エッジ重視の効果
システムの配置には意味がある
パブリック/プライベートクラウド、オンプレミスサーバ、エッジデバイスなど、必要に応じた複数のノードにVantiqアプリケーションを分割して配置し一つのシステムとして稼働させます。これによりデータが発生したタイミングとその場所で分析でき、リアルタイム・アプリケーション全体がセキュアかつスケーラブルでパフォーマンスの高いものになります。
マンマシンコラボレーションの重要性
人とシステムがリアルタイムに繋がる
自動化は完全を意味しません。デジタルビジネスには人間の経験と直感が不可欠であり、運用上の決定はこれらとデジタルシステムとの連携で行われます。Vantiqはこの連携の実現のためにコラボレーションビルダーを標準で装備しており、最良の結果に向けた最良の決定を支援します。
成功へ導きます
失敗は選択肢にありません
DX関連プロジェクトの73%は価値を提供できていない、というデータがあります。システム開発に必要な多大な時間と費用、そして開発プラットフォームの力不足が原因です。Vantiqなら、こんなことはあり得ません。Vantiqのローコード開発プラットフォームにより、短期間、最小リソース、最小リスクで、革新的なリアルタイム・アプリケーションの開発と展開が可能となります。
Vantiqの特徴
EDA + 複合処理

非同期に発生する複数のストリーム上で同時多発的に発生するイベントに対し、リアルタイムかつ複合的に処理するアプリケーションの開発が可能。リアルタイムビジネスに必要な即時認識と処理を実現。
アジャイル/ローコード
EDA+複合処理や他システムとのコラボレーションを、グラフィカルIDE上でのドラッグドロップによる直感的な作業で、迅速かつアジャイルに開発が可能。
スケーラブル

数万台のデバイスから発生するストリーミングデータを分析し、既存ビジネスを支えるシステムとも連携し、大規模でミッションクリティカルなアプリケーションを実現。
デプロイ/分散処理
パブリックまたはプライベートクラウドから広がる無制限のエッジノードへアプリケーションを迅速にデプロイし、横断的なエッジコンピューティングパワーを活用。
コラボレーション
独自のコラボレーションビルダーでシステムと人間を繋ぐマンマシンコラボレーションを素早く開発。迅速かつ的確なビジネス判断が可能。
Vantiq
Newsfeed
September 4, 2020
弊社代表のインタビュー記事がxTECHで公開されました
東京 – July 1, 2020
ミツイワ、サービス要員の手配業務における新サービス「手配職人」の提供を開始
東京 – June 16, 2020
職場環境向け新型コロナ対策サービス「VANTIQ Accelerator」をリリース